スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

久々のシートマスクはやっぱ楽

今夜は久々にシートマスクをしてみました。

今回使ってみたシートマスク


『トライオーガニック』というシートマスクで、無添加でオーガニック認証成分が入っているシートマスクです。

成分表を見てみたところオーガニック認証成分とは、エーデルワイスエキスやカミツレエキスなどの植物エキスでした。


これ実は近所の雑貨屋?服屋?みたいなところで金額合わせで買ったんですよ。

値下げしてて税抜き99円だったかな?激安!

安いわりには液もヒタヒタだし、ハーブみたいな香りで使い心地も悪くなかったです。

ギフトカードの無駄も無くなったしいい買い物でしたわ(笑)


ミントジュレップは塗って流すタイプのパックなので流すのが結構面倒くさいんですが、慣れるとそうでもないなーなんて思ってたんですけど…

やっぱシートマスクの楽さにはかなわない!

シートマスク考えた人マジ天才ですよね。


シートマスクは種類がたくさんあって面白いのと、個包装のものも多いので色々な成分を試せるし肌に補給できるのが魅力です。

気が向いたらまた買って試してみようと思いました。










美肌生活1ヶ月目

7月1日から始めた美肌生活も、いつの間にか1ヶ月経ちました!


お風呂上がりの肌

写真を撮る日だと忘れてビタミンEオイルを塗ってしまった後なので、若干テカってます(笑)


ビタミンEオイルがかなり保湿力が高くて伸びもいいので、自分に合っていると感じます。

かなりベタベタしますが、栄養が染み込んでいく感じがするのでまたリピートしたいですね。


顔筋トレーニングも朝晩2〜3分づつですがちゃんと続けています。

写真だと分かりにくいですけど、表情を動かしたあと法令線が目立ちやすかったりしていたのが改善されました。

このまま続けていきたい習慣です。








ミントジュレップを使ってみました。

今日は週一スペシャルケアの日なので、この前買った海外コスメのパック『ミントジュレップ』を使ってみました。

 

※シュレックではありません!(笑)

 

けっこう緑になります…

塗ったときはヒリヒリスースーして、

「大丈夫か?刺激が強いんじゃ…」

と疑いましたが、10分放置するうちに心地よいスースー感になりました。

 

説明文抜粋

 ↓↓↓

皮膚科医と共同開発!黒ずみ、つまりなどに◎

毛穴の黒ずみや赤いポツポツなどが目立つお肌ケアに役立つ、皮膚科医によって開発されたフェイシャルマスクです。
洗顔後のお肌に塗り、しばらく乾かしてからすすいで下さい。毛穴に残ってしまった余分なものも一緒にスッキリ と洗い落とし、お肌を清潔・フレッシュな状態に導きます。

ミントジュレップの爽やかな香りで気分もリフレッシュ!アメリカでNO.1フェイシャルマスク製品にも選ばれた、 実力派コスメです

 

こんなん書かれてたら期待しますよね!

 

洗い上がりはすっきりさっぱりした感じです。

主成分がクレイなので、汚れ吸着系のパックですね。

鼻の毛穴の黒ずみと角栓はきれいに取れました!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スキンケア

新・美肌生活 一日目

7月1日です。

今日から美肌生活を一度区切って、新美肌生活一日目としたいと思います。

 

久しぶりに…

お風呂上がりの肌

今から高含有ビタミンEオイルとウィッチヘーゼルとコラーゲン美容クリームをつけまーす!

 

あと、顔筋トレーニングのグッズも買ったんですよ!

それも今日まで使うのを我慢してたので、今日からトレーニング始めます。

 

3ヵ月後にどう変わってるか楽しみです。

変わってなかったりして…(汗)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スキンケア

ウィッチヘーゼルを使い始めました

7月からスキンケアを変えると言いましたが、昨夜スペシャル毛穴ケア化粧水(100均化粧水+グリシルグリシン)を使い終わってしまったので、フライングでウィッチヘーゼルを使い始めました。

 

セイヤーズ ウィッチヘーゼル アロエベラフォーミュラ 355ml

 

以前使っていたウィッチヘーゼルは、実は木を燻したような香りにどうにも慣れなかったのと、アルコールが入っているのが気になって、違うものに変えちゃいました。

→詳しくはこちら

 

今回は天然のローズ香料が入っていて、レビューでもいい香りと好評だったので、ドキドキしながら開封しました。

 

うん!ローズのいい香りです!

やったー♪

 

ウィッチヘーゼル自体は昔から民間療法で利用されている植物で、毛穴が引き締まる感じがほんとにしますからすごく良かったんです。

香りがハンデだった人に、このセイヤーズさんのウィッチヘーゼルはおすすめです。

 

わたしはローズにしましたが、ラベンダーの香りとキュウリの香り(!?)もありましたよ〜

しかもキュウリの香り、レビューで好評でした(笑)

 

たっぷり入っているので、冷蔵庫で冷やしてバシャバシャ使うつもりです。

 

 

 

JUGEMテーマ:化粧品

洗顔パスタホワイトダイア4個目

きのうの夜洗顔パスタホワイトダイアを使いきったので、今日新しいのを開封しました。

もう4個目〜

 

→洗顔パスタホワイトダイア


きめ細かい泡立ちと硫黄ローズ?とも言うべき絶妙な香りがたまりません(笑)

洗い上がりもさっぱりかつしっとりしていて、ちゃんと汚れが落ちた〜って気がするので、お気に入りです!

 

美肌生活の最初からずーっと使ってるのって、ホワイトダイアと金線クリームだけだって気づきました。

金線クリームは2個目。

ホワイトダイアは4個目なのに、金線クリームは2個目がまだまだ終わりそうにないです(笑)

 

今回も近所のマツキヨで買いました。

安売りしてなかったのでいつもより少し高くて、税込みで609円でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:化粧品

メイソンナチュラルズ コラーゲン美容クリームの成分

メイソンナチュラルズ コラーゲン美容クリーム 114g


※成分

水、カプリル/カプリン酸トリグリセリド、グリセリン、プロピレングリコール、ステアリン酸グリセリルSE、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セチルアルコール、ステアリルアルコールジメチコン、セテアリルアルコール、パルミチン酸セチル、加水分解コラーゲン、フェノキシエタノール、ステアリン酸PEG-100、トリエタノールアミン、セテアレス-20、シアバター、ジアゾリジニル尿素、香料(パルファム)、酢酸トコフェリル、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、パンテノール、DMDMヒダントイン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム塩 [パラベンフリー]


(1)水

溶媒です。


(2)カプリル/カプリン酸トリグリセリド

化粧品に配合される場合は、天然由来の抗菌・防腐剤として使われます。


(3)グリセリン

保湿剤です。肌に元々存在するので安心。


(4)プロピレングリコール

表皮を柔らかくして、肌の水分量を増加させる保湿作用があります。


(5)ステアリン酸グリセリルSE

化粧品に配合される場合、乳化剤・分散剤として入っているようです。

『SE』は『自己乳化型』のことで、かき混ぜなくても液体に入れるだけで自然に乳化する性質の事を差します。


(6)パルミチン酸イソプロピル

化粧品に入っている場合は、さっぱりした軽くソフトな感触にするための、感触改良剤として入っていることが多いそうです。


(7)ステアリン酸

脂肪酸の一種で、ステアリン酸単体だとクリームなど乳化物の感触改良剤として使われます。


(8)ステアリン酸グリセリル

(6)のステアリン酸グリセリルSE参照

『SE』ではないので、こちらはかき混ぜないと乳化しません。


(9)セチルアルコール

別名セタノール。

化粧品に入っている場合は乳化補助剤・感触改良剤として使われます。


(10)ステアリルアルコールジメチコン

ステアリルアルコールは高級アルコールの一種。

アルコールと言っても、一般的なアルコールはエタノールの事なので、分類としては全く別物。

化粧品に配合される場合は、乳化補助剤・感触改良剤として使われます。

ジメチコンはポリマーの一種で、こちらも感触改良剤として使われるので、おそらくステアリルアルコールジメチコンは、感触改良剤として入っていると思われます。


(11)セテアリルアルコール

こちらも高級アルコールの一種。

化粧品に配合される場合は、乳化補助剤・感触改良剤として使われます。


(12)パルミチン酸セチル

化粧品に配合される場合は、皮膚表面の水分蒸発を防ぐことで保湿するエモリエント作用、感触改良、クリームなどの光沢剤として使われます。


(13)加水分解コラーゲン

水分蒸発を防ぐことで肌の水分量を保って保湿するエモリエント作用+コラーゲン産生促進&ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用の目的で使われます。


(14)フェノキシエタノール

『エタノール』とはいってもアルコールではないため、アルコールアレルギーの人も問題なく使え、アルコールフリーを謳っている製品にも入っています。

フェノキシエタノール自体に抗菌・防腐作用があり、抗菌剤として化粧品に入っています。


(15)ステアリン酸PEG-100

界面活性剤です。

水と油を混ぜ合わせる働きがあり、乳化剤として使われます。


(16)トリエタノールアミン

クリームに入っている場合は、乳化を安定させたり、溶液をゲル化する目的で配合されています。


(17)セテアレス-20

界面活性剤です。

水と油を混ぜ合わせる働きがあり、乳化剤として配合されています。


(18)シアバター

シアバターの木の種子から採れる植物性の油脂です。

オレイン酸とステアリン酸が多く、さらっとしているのになめらかでしっとりした感触を持っているため、ボディバターなどによく入っています。

浸透性が良く、保湿力が抜群なので、保湿剤として配合されているのだと思われます。


(19)ジアゾリジニル尿素

『ジアゾリジニル尿素』に関する記述は見つからなかったのですが、尿素の一種だと思われます。

尿素は皮膚表面を柔らかくすることによって肌の水分量を増加させ、保湿する作用があります。


(20)香料(パルファム)

香り付けのための香料です。


(21)酢酸トコフェリル

酢酸トコフェロール(ビタミンEを安定化したもの)に糖を反応させ、さらに安定性を高めたもの。

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれ、過酸化脂質を抑制することによる抗酸化作用を持ち、肌老化防止に役立ちます。


(22)エチルヘキシルグリセリン

抗菌・防腐作用があり、抗菌剤として使われます。

グリセリンと同じように保湿作用があるという説もあります。


(23)カルボマー

ポリマーの一種。

アルカリ性の物質(例えば前述のトリエタノールアミン)と反応することにより、増粘効果を発揮します。

すぐれた増粘剤で、経年や温度変化による増粘性の変質が少なく、安定性が高いとされています。


(24)パンテノール

プロビタミンB5とも呼ばれます。

皮膚細胞を活性化する作用があり、それによって肌荒れ等の肌ダメージを修復、アンチエイジング、保湿など、さまざまな効果があります。


(25)DMDMヒダントイン

アメリカで広く使われている防腐剤ですが、日本では洗い流す用法(シャンプーなど)のみ配合OK、しかも粘膜への使用は不可とされています。

理由はホルムアルデヒド。

DMDMヒダントインは最初からホルムアルデヒドを含んでいるわけではないですが、長時間経過するとホルムアルデヒドを生成するからです。

上限は0.3%までで、ホルムアルデヒドに過敏な人や乳幼児は使わないほうがいいそうです。

知らなかったので、ショックでした。

配合順としては最後から2番目ということで、0.3%以下っぽいですが、異常が出たら使用を速攻中止したいと思います。


(26)エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム塩

よくわからなかったのですが、どうやらPHを安定させるキレート剤のようです。


※感想

やはり、クリームは感触改良剤や乳化剤の種類がかなり多いですね。

有効成分はコラーゲン・シアバター・酢酸トコフェリル・パンテノールってところですね。

保湿とアンチエイジングに特化したクリームです。


『パラベンフリー』とわざわざ謳っていますが、代わりにDMDMヒダントインという、日本ではクリームに使用不可な防腐剤が入っていました…

パラベンはガンの元になる、とか、環境ホルモン(ホルムアルデヒドもそうです)が発生するとか諸説ありますが、DMDMヒダントインもそうみたいです。

だったら日本で認可されているパラベンの方が安心して使えたなぁというのが本音です。

DMDMヒダントインの肌への吸収率がどれ程なのかわかりませんが、継続利用は避けたいかなと…

リピートはないです。


成分はよかったので残念ですが、使い終わったら別のアンチエイジングクリームを探します。





セイヤーズ ウィッチヘーゼルの成分

セイヤーズ ウィッチヘーゼル アロエベラフォーミュラ 355ml

 

※成分

精製水、認定オーガニックウィッチヘーゼルブレンド(ウィッチヘーゼル、アロエベラ)、グリセリン、フェノキシエタノール、ローズフラワーウォーター、香料(天然ローズ)、クエン酸、グレープフルーツ種子エキス

 

(1)精製水

溶媒としての水です。

 

(2)認定オーガニックウィッチヘーゼルブレンド(ウィッチヘーゼル、アロエベラ)

→ウィッチヘーゼルについて詳しくはこちら

アロエベラはアロエの葉の果汁で、保湿力に優れています。

また、肌の修復効果もあるとされています。

 

(3)グリセリン

今まで解説した色々な化粧品に入っていました。

大まかに言うと保湿剤です。

 

(4)フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは『エタノール』とは言ってもアルコールではないため、アルコールアレルギーの人も問題なく使え、アルコールフリーを謳っている製品にも入っています。

フェノキシエタノール自体に抗菌・防腐作用があり、抗菌剤として化粧品に入っています。

 

(5)ローズフラワーウォーター

ローズの花弁から抽出したエキスを水に溶かしたものです。

ローズのいい香りがし、リラックス効果があるとされています。

 

(6)香料(天然ローズ)

香料として、合成のローズ香料でなく、天然ローズのエキスが入っているということでしょう。

 

(7)クエン酸

クエン酸は酢や柑橘類に含まれる酸味成分の一つです。

化粧品に入っている場合は、PH調整剤としての役割で入っていることが多いようです。

また、クエン酸自体に収斂作用もあります。

 

(8)グレープフルーツ種子エキス

抗菌作用があり、化粧品に入っている場合は天然の防腐剤として入っているようです。

セイヤーズはオーガニックの無添加を売りにしているメーカーなので、合成の防腐剤ではなく、グレープフルーツ種子エキスを防腐剤として使ったものだと思われます。

 

※まとめ

美肌生活の一番最初に化粧水として使ったアイテムがウィッチヘーゼルでした。

→詳しくはこちら

 

でも、使い終わったらリピートはせずに違う化粧水に変えたんですよね。

理由はやっぱり木を燻したような香りにずっと慣れなかったのと、肌に悪いと言われるアルコールが入っているのが気になってしまったからです。

 

セイヤーズさんのウィッチヘーゼルは、アルコールフリーで天然の香料で香りが付いているので、私が気になっていた点が2つともクリアされているので、もう一度ウィッチヘーゼルを使ってみようと思いました。

だってウィッチヘーゼル自体は、毛穴に効いてる感じがしたし、良いものだったので♪

 

あとは実際使ってみて香りがどの程度気にならないか…

それだけ!

 

 

 

JUGEMテーマ:化粧品

 

 

JASONS 高含有ビタミンEオイルの成分

ジェイソンナチュラル 高含有ビタミンEオイル

 

※成分

酢酸トコフェノール(ビタミンE)、ヒマワリ種子オイル、ベニバナ種子オイル、ボラージ種子オイル、グリーンティー葉オイル、マカデミア種子オイル、月見草オイル、ブラックカラント種子オイル

 

(1)酢酸トコフェノール

トコフェノールとはビタミンEのことで、酢酸トコフェノールは合成ビタミンEのことです。

酢酸トコフェノールを化粧品に配合することで、ビタミンEと同様の働きが期待できます。

ビタミンEには肌老化の元になる過酸化脂質を抑制する『抗酸化作用』があり、アンチエイジング効果が期待できます。

 

(2)ヒマワリ種子オイル

別名サンフラワーオイル。

オレイン酸やリノール酸を多く含む肌浸透の良いキャリアオイルです。

皮膚を柔らかくして保湿する作用があり、ヒマワリ油は皮膚疾患に良いともいわれています。

フリーラジカルという酸化を促進する物質を抑制する効果があり、アンチエイジングに効果的です。

 

(3)ベニバナ種子オイル

別名サフラワーオイル。

ベニバナ油の方が少しリノール酸が多いそうですが、ヒマワリ油とよく似た脂肪酸組成を持っています。

そのため、効果もヒマワリ油と良く似ていて、保湿やアンチエイジングに良いオイルです。

 

(4)ボラージ種子オイル

ボラージ種子オイルの特徴として、母乳にも含まれるγリノレン酸という脂肪酸が20%も含まれているという点があります。

他のオイル同様エモリエント効果による保湿作用があります。

γリノレン酸は、皮膚組織の修復をしてくれるので、シワの防止に良いそうで、アンチエイジングに役立ちます。

酸化しやすいオイルなので、抗酸化作用のあるビタミンEと一緒に配合して安定させることが多いそうです。 

 

(5)グリーンティー葉オイル

グリーンティーエキスの入ったブレンドオイルはありましたが、グリーンティーの葉のオイルというのは見当たりませんでした。

なので推測になりますが、緑茶のカテキンには抗酸化作用があるので、カテキンによる抗酸化作用=アンチエイジング効果があるのかもしれません。

 

(6)マカデミア種子オイル

→マカデミアナッツオイルについて詳しくはこちら

 

(7)月見草オイル

月見草は別名イブニングプリムローズです。

こちらはボラージオイルととても良く似ていて、γリノレン酸が多く、酸化しやすいオイルです。

アンチエイジング効果があります。

 

(8)ブラックカラント種子オイル

ブラックカラントは、別名カシスまたは黒スグリです。

ボラージオイルや月見草オイルと同じくγリノレン酸が豊富で、ステアドリン酸という、珍しい必須脂肪酸を含んでいます。

強力なアンチエイジング効果があるとされています。

 

※まとめ

米国産といっても、ナチュラル系の会社のものなので、人工的な材料が一切入ってないのが好印象なオイルです。

アンチエイジングに効くとされるキャリアオイルが多数入ってます。

 

同じ会社の普通のビタミンEオイルがあるのですが、そちらもビタミンEが5000IU入っていて充分多いと思いましたが、ビタミンEの量で選びました。

45000IUってすごくない?

 

ちなみに高含有オイルより普通のビタミンEオイルの方が評判がいいです(汗)

まあ、不評の理由はオイルが重くてベタベタするとか、匂いが杏仁豆腐みたいでキツイとか…効果が無いとかそういうのじゃなかったので問題無しと判断しました。

杏仁豆腐の匂いは好きだし(笑)

 

オイルが重いのは、たぶんブレンドしてあるオイルに濃厚で伸びにくいものが多数含まれているからです。

杏仁豆腐の匂いは何だろう?

カシスかな?

 

かなりアンチエイジングに良いオイルがたくさん入っているので、期待しちゃいます!

 

 

 

JUGEMテーマ:化粧品

 

 

 

 

海外コスメが届きました!

先日ブログで言っていた、楽天スーパーセールでGETした海外コスメが届きました〜♪

ロサンゼルスより直輸入ということで「コロナで輸入が遅れるかも」的なメールがショップから来てたんですが、思ったより早かったです。


こちらを購入しました

   ↓↓↓↓

ジェイソンナチュラル 高含有ビタミンEオイル

59ml 1000円


セイヤーズ ウィッチヘーゼルアロエベラフォーミュラ ローズペタルの香り

355ml 1380円


メイソンナチュラル コラーゲンビューティークリーム

114g 1629円


クイーンヘレン ミントジュレップ

227g 780円


とりあえず、紹介まで。

7月から切り替えてみます。

それまでに今使ってるコスメ終わらせなきゃ!