あなたのターンオーバーのサイクルは?

ターンオーバーって言葉を知っていますか?

言葉ぐらいは皆さん知っていると思います。

 

私は、

ターンオーバー=肌の新陳代謝=28日周期

というのは何となく知っていました。

つまり肌は28日で生まれ変わるということ。

でも、年齢によってターンオーバーの周期が違うということをちらっと聞いたことがありました。

 

大体どれくらいの周期で自分の肌がターンオーバーしているのか気になりませんか?

 

ターンオーバーとは?

そもそも、ターンオーバーの詳しいメカニズムを知らなければ!

と、いうことで詳しいメカニズムを調べてみました。

 

まず、肌は『真皮』と『表皮』に別れています。

表皮の奥に真皮がある感じです。

 

真皮は網目状の構造になっていて、

*コラーゲン

*エラスチン

*ヒアルロン酸

などを産み出している部分。

肌の張りや弾力に深く関わっています。

ですが、真皮はターンオーバーしません。

なので真皮を傷つけてしまうと、跡が残ってしまいます。

掻き壊しや傷の跡が、何年経っても消えないという経験はないですか?

それは真皮を傷つけてしまったからなのです。

 

対する表皮は、ターンオーバーする部分です。

真皮の上にあり、

*基底層

*有刺層

*顆粒層

*角質層(肌の一番表面)

の順になっています。

 

肌細胞は基底層で日々新しく作られ、毛細血管から栄養や酸素を貰いながら有刺層や顆粒層を通って、時間をかけて育ちながら角質層まで上がって来ます。

角質層まで到達した肌細胞は活性を失い死んでいます。

角質層は死んだ肌細胞で出来ていて、死んだ肌細胞のことを私達は『角質』と読んでいます。

新しい肌細胞が角質層に到達すると、古い角質は垢として剥がれ落ちます。

 

この、新しい肌細胞が生まれて育ちながら角質層まで到達し、活性を失い垢(古い角質)となって剥がれ落ちるまでの一連の流れを『ターンオーバー』と言います。

 

ターンオーバーの乱れとは?

ターンオーバーが何かわかったところで、よく耳にする『ターンオーバーの乱れ』について説明します。

 

ターンオーバーの乱れとは、何らかの原因でターンオーバーが正常な周期で行われなくなった状態のことです。

つまり、ターンオーバーが早まりすぎたり、遅すぎになることをターンオーバーの乱れと言います。

 

ターンオーバーが早まりすぎるとどうなるか?

ターンオーバーが早まりすぎる原因は、クレンジングや洗顔のしすぎや角質ケアのしすぎ、日焼けや乾燥など、外部からの肌刺激がほとんどなんだそうです。

肌刺激が強すぎると、本来まだ肌表面に残っているべき角質が剥がれてしまい、肌はどんどん新しい細胞を作り出して角質を補おうとします。

 

本来あるべき角質が剥がれてしまっているのですから、当然肌は敏感な状態に…

考えただけで顔がヒリヒリしてきそうですよね(汗)

皮脂が多い人だと、ニキビが出来やすくなる

原因にもなります。

 

しかも新しく作り出された細胞は、毛細血管から充分に酸素をもらわず未熟な状態で肌表面に出てきてしまうので、ちょっとした刺激で簡単に剥がれてしまいます。

そしてますます肌はターンオーバーを早めるという悪循環に。

 

未熟な細胞は大きさや形がバラバラなので、肌のキメも乱れ、細胞と細胞の間から水分が蒸発しやすくなるので乾燥しやすくもなります。

 

つまり、ターンオーバーが必要以上に早くなると、キメの乱れた敏感肌になり、肌荒れしやすくなるということです。

 

ターンオーバーが遅くなりすぎるとどうなるか?

対してターンオーバーが遅くなりすぎると、どうなるのでしょうか?

 

ターンオーバーが遅くなりすぎる原因は加齢・睡眠不足・栄養不足・血行不良などです。

共通項がありませんか?

そう、一言でいうと肌の新陳代謝の衰えが原因なんです。

 

肌の代謝機能が衰えると、肌細胞が育つスピードも遅くなります。

また、古い角質が肌から剥がれ落ちず肌表面に留まり続けるためどんどん角質が溜まり、角質が厚くなる角質肥厚が起こります。

 

ターンオーバーが遅くなりすぎると、毛細血管から長い間充分に酸素をもらった硬くて丈夫な角質が育ちます。

それが肌の表面に出てきて、しかも留まり続けるわけですから、当然硬くてゴワゴワガサガサした肌になります。

 

ゴワゴワの硬い肌は跡がつきやすく、シワの原因にもなります。

また、長い時間をかけて育った角質や古い角質は色が濃いため、肌がくすみがちでツヤもありません。

メラニンの代謝も遅くなるためシミが多くなり、傷の治りも遅くなってしまうのです。

 

つまり、ターンオーバーが遅くなりすぎると硬くてゴワゴワした肌になり、シミやシワやくすみなど年齢を感じさせるお肌になってしまうということです。

 

年齢によるターンオーバー周期の目安

正常なターンオーバー周期は4週間(28日)〜6週間(42日)と言われています。

 

ターンオーバーは年齢と共に遅くなっていきますが、ターンオーバー周期の簡単な計算方法があります。

『年齢×1.5〜2=ターンオーバー周期』

なんだそうです。

 

この公式に当てはめて計算すると、20歳の肌で30日〜40日です。

通常のターンオーバー周期の目安は、20歳の肌のものですので、大体合っていますね。

 

私は37歳なので公式通りだと、51日〜74日となります。

思った以上に時間がかかるんですね(汗)

100歳だと150日〜200日!?

半端ないです!

そりゃシミも多くなるってもんですね!

 

ターンオーバーを正常化する方法

では、ターンオーバーを正常な28日〜42日に戻すには、どうしたら良いのでしょうか?

 

それには、たっぷりの睡眠と栄養バランスの良い食事をとることが基本となります。

その上で正しいスキンケアをすると、ターンオーバーは正常化します。

 

具体的には、夜10時には寝るように心がけ、食事は米などの主食と肉や魚などのおかずと野菜をしっかり食べるようにする。

そして紫外線対策をきちんとし、メイクはしっかり落とし洗顔はし過ぎない肌はこすらない、化粧水と乳液(+クリームや美容液)できちんと保湿をする。

これを心がけると肌のターンオーバーは正常化します。

 

案外基本的なことだと思いませんか?

基本的ですが、意外と難しいのも事実です。

でも、少しづつでも変えていくと肌は確実に変わっていくそうですよ。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スキンケア

スポンサーサイト