スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

セイヤーズ ウィッチヘーゼルの成分

セイヤーズ ウィッチヘーゼル アロエベラフォーミュラ 355ml

 

※成分

精製水、認定オーガニックウィッチヘーゼルブレンド(ウィッチヘーゼル、アロエベラ)、グリセリン、フェノキシエタノール、ローズフラワーウォーター、香料(天然ローズ)、クエン酸、グレープフルーツ種子エキス

 

(1)精製水

溶媒としての水です。

 

(2)認定オーガニックウィッチヘーゼルブレンド(ウィッチヘーゼル、アロエベラ)

→ウィッチヘーゼルについて詳しくはこちら

アロエベラはアロエの葉の果汁で、保湿力に優れています。

また、肌の修復効果もあるとされています。

 

(3)グリセリン

今まで解説した色々な化粧品に入っていました。

大まかに言うと保湿剤です。

 

(4)フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは『エタノール』とは言ってもアルコールではないため、アルコールアレルギーの人も問題なく使え、アルコールフリーを謳っている製品にも入っています。

フェノキシエタノール自体に抗菌・防腐作用があり、抗菌剤として化粧品に入っています。

 

(5)ローズフラワーウォーター

ローズの花弁から抽出したエキスを水に溶かしたものです。

ローズのいい香りがし、リラックス効果があるとされています。

 

(6)香料(天然ローズ)

香料として、合成のローズ香料でなく、天然ローズのエキスが入っているということでしょう。

 

(7)クエン酸

クエン酸は酢や柑橘類に含まれる酸味成分の一つです。

化粧品に入っている場合は、PH調整剤としての役割で入っていることが多いようです。

また、クエン酸自体に収斂作用もあります。

 

(8)グレープフルーツ種子エキス

抗菌作用があり、化粧品に入っている場合は天然の防腐剤として入っているようです。

セイヤーズはオーガニックの無添加を売りにしているメーカーなので、合成の防腐剤ではなく、グレープフルーツ種子エキスを防腐剤として使ったものだと思われます。

 

※まとめ

美肌生活の一番最初に化粧水として使ったアイテムがウィッチヘーゼルでした。

→詳しくはこちら

 

でも、使い終わったらリピートはせずに違う化粧水に変えたんですよね。

理由はやっぱり木を燻したような香りにずっと慣れなかったのと、肌に悪いと言われるアルコールが入っているのが気になってしまったからです。

 

セイヤーズさんのウィッチヘーゼルは、アルコールフリーで天然の香料で香りが付いているので、私が気になっていた点が2つともクリアされているので、もう一度ウィッチヘーゼルを使ってみようと思いました。

だってウィッチヘーゼル自体は、毛穴に効いてる感じがしたし、良いものだったので♪

 

あとは実際使ってみて香りがどの程度気にならないか…

それだけ!

 

 

 

JUGEMテーマ:化粧品

 

 

スポンサーサイト